キャンプがしたい

最近キャンプ系のTV番組が多く心が揺らぐ毎日です。
肉や魚を外で焼く。
これを最高と言わずして何を最高と言うか。

こんにちは、昼杉です。

食を直火で楽しむことこそキャンプの醍醐味ですね。
火があると心強いのです。

春になり火を思い浮かばせる蝶が飛ぶようになりました。

200408ベニシジミベニシジミ

可愛さナンバーワンのシジミチョウ・ベニシジミです。

昼杉、最推しの蝶。

たくさんいる。
逃げない。
可愛い。


この三要素を文句なく満たしている最強の蝶です。

水玉模様の付いた橙翅に、真っ白な毛で覆われた身がとってもキュート。

縞々な触覚はなんなんだ…

か、可愛すぎる……!!

河川敷や野原を歩いてみてください。
足元で小さな赤い蝶が飛んでいるはずです。

そうなんです。緑の葉のなかに舞う赤い小蝶。
たくさんいるだけではなく見つけやすいんです。

200408ベニシジミ_2

サイズ感。手に乗せて。

かわいーーーーーーーー!

御覧の通りとても可愛いのです。


200408ベニシジミ_3

焔色の翅が美しいですなぁ。

飛んでいる姿はまるで揺らぎ舞う火の粉。

肝心の飛んでいる写真はない。ピントが合わない。無理。

おやすみ。

続きを読む

スポンサーサイト



孤独な夜の虫撮影

お酒も自粛。

こんにちは、昼杉です。

とにかく花粉がヤバくて絶不調。
そんなときにお酒を飲むと悪酔いまっしぐらです。禁酒なう。

酒がダメ。コロナで外もダメ。
私はお家でゴロゴロするのが日常なので大丈夫ですが
一般人なら絶望の底に突き落とされていたことでしょう。

そうこう言いつつフィールドへ行ってきました。

ド田舎効果計算されたアクセス により
可燃ゴミの日よりも人間遭遇率が低い新型コロナに優しい虫観察。
結局、お家に着くまで生きた人間と接触せずに済みました。
指名手配されても安心です。

-----

200403ヤブキリヤブキリ

春の花好き・ヤブキリ の幼体です。
タンポポなどの花の上で花粉を食べてる可愛いやつ。
成長すると厳つい肉食モンスターと化します。

御覧の通りおやすみ中。Zzz…

って見て分かるか~~~っ!!!

彼らに"まぶた"はありません。

はい。


というわけで、今回は夜!

昨年の夏、Y先生に同行させていただき(※)夜の楽しさを知ったわけです。

ボク「また行きましょう。」

Y先生「夜も楽しいだろ?次は一人で行くんだ!

ボク「そんなぁ…(ToT)」

獅子の子落とし』とはこのことでしょう。
何度も行こうと足踏みすること早半年。

単独での夜間撮影、ついに行ってきました!成長したよ!!

-----

夜観察の勝手が分からずライトを照らして山をぶらぶら。

200403コアシダカグモコアシダカグモ(仮)

なんかいる。

樹皮の隙間に何かいました。おそらくコアシダカグモ
手の甲と同じくらいの大きさ。

早速の大物にテンションが爆上げ。
しかしライトの明かりを弱くし忘れ、すぐに隠れてしまいました。

ここから暗黒期 突入です。なんも見つからん。

ただただ闇を見つめること30分。


ついに彼らと出会えました。


200403ヨコヅナサシガメヨコヅナサシガメの幼体(群生)


うおおおおおおおおおおお!!


200403モリチャバネゴキブリモリチャバネゴキブリ


そいやああああああああああああ!!!


200403コモリグモのなかまシボグモ


わっしょおおおおおおおおおおおいいいい!!!!


1枚目から……

ヨコヅナサシガメ の幼体
刺すカメムシと書いてサシガメ。
木の表面をうろつき毛虫などの害虫を食べるすごいやつ。

モリチャバネゴキブリ
森のゴキブリ。枯葉を食べ土を潤すすごいやつ。

シボグモ
卵と幼虫を背に乗せて守るすごいやつ。


不快害虫のオンパレード!
虫嫌いのみんな、息してるか?

しかァし!どいつもこいつも
農業害虫を食べたり 枯葉を食べたり
人間に貢献してくれるすごい奴です!!!

知ると分かるみんなの良いところ。


200403キクモンウワバキクキンウワバ

フラッシュに驚きこの1枚を残して逃げてしまったキクキンウワバ
白く写ってしまいましたが、金色に輝くすごい奴です。


200403ヒメツヤヒラタゴミムシ(仮)ヒメツヤヒラタゴミムシ(仮)

小さく艶があり平たいゴミムシですね。
そうです、ヒメツヤヒラタゴミムシです。


200403ホホジロアシナガゾウムシホホジロアシナガゾウムシ

2月の始めに見つけたホホジロアシナガゾウムシの越冬個体。
いつまでそこにいるんだ…もう桜が咲いたぞ……



夜観察、最高ォォォォ!!!!!

どれも面白みに欠ける写真だったのが反省。
フラッシュが必須だったり、背景が写らなかったりで
普段の撮影とは全く異なる世界でした。

試行錯誤していきます。


ではでは。



***関連記事***

※夜トンボ屋 兼 登山ガチ勢 Y先生との夜間観察

19.08.27 「初めての夜撮影 ①クマゼミ編」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-49.html
19.08.27 「初めての夜撮影 ②迫りくる夜虫編」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-50.html


シボグモ…「コモリグモのなかま」と記載していたところTwitterにてシボグモと訂正いただきました。
ありがとうございました!

祝1周年!ブログ続いたぜぇ~!!

平日の真昼間に山へ行ってきました。
風の音と虫や鳥の鳴き声しか聞こえず、偶に年配の方とご挨拶。

というのが平日の山の姿なのですが、この日は違います。

園児や小学生の子供とその親、学生らが歩いたり走ったり。
もう花見レベルの賑わい。活気に溢れていました!

コロナで世間は自粛&自粛。
街を追われた人々が山へ来たということでしょう。

空気は暖かに、山は芽吹き虫が出る、今はちょうどそんな季節。

虫界隈の皆様、虫好きを増やすチャンスですよ…?

とはいえ、イベントを開催して…というわけにもいかないので
ネットなどを通して虫の魅力を発信していくのが無難でしょうか。

特に大きなことをする能力も体力もないので私は普段通り
粛々と自己満足に活動するだけです。

そう、粛々とブログ活動をしてきましたが
なんと!今日で!こちらのブログが……


1周年です!!!!!!!

うおおおおおお~~~!!!!!!!!

やったね!!

おめでとうございます!!!ありがとうございます!!!!

なんとか続きましたね。
面倒になったり,億劫になったり,気が向かなかったりしましたが
ダラダラとここまできました。続けることが大事なんです。

1年間で約25000アクセス。幸せでございます。
キリ番で記念記事を書こうと思っていたのですが忘れていました…
ちなみに1万アクセスぴったりを踏んだのは私です。偶然です。

さて、ブログも無事1歳を迎えることができたので
ここらで 初心 に帰ってみましょう。


200324オオヒラタシデムシ幼虫オオヒラタシデムシの幼虫

ダンゴムシ?フナムシ?
いいえ、オオヒラタシデムシの幼虫です。

5年前の7月10日!

初虫撮りのときのやつです。
設定も何も分かったもんじゃなかったのにでこのざま


200324オサムシのなかまオサムシのなかま

若干ピント合ってる。

オサムシのなかまです。
この日は地表徘徊系ばかり。

山疲れるし、暑いし、蚊がすごいしで地面しか探す余裕がなかったのです。


200324キアシナガバチのなかま(仮)キアシナガバチ(多分)と水生昆虫のなんか

帰りにドキドキしながら撮ったキアシナガバチ(多分)。
今は気にせずある程度近づけますが
当時は死ぬか生きるかの覚悟で撮影しました(笑)

この記事を書いていて最中に
発見しましたが右上に水生昆虫が写っていますね。


……、ここらでついに気付きました。
あれ?思ったより虫に近づいて撮れないな。と。
逃げられるとかじゃない。ピントが合わない。

調べて謎が解けました。
私が使っていたのは標準ズームレンズ。風景などを撮るためのやつ。
(工夫すれば虫もどうにかなります。)

虫撮るならやっぱりマクロレンズ。グッと寄って撮れるのです。


時は7月。季節は待ってくれません。
速攻でマクロレンズを注文!
昼杉・初代マクロ "AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G" 。神レンズです。

ただ、もしこの記事を読んで虫撮りを始めようという方がいたら即買いに注意。
他のレンズに比べて虫撮りがしんどい面もあるので。

機材に詳しくはないですが簡単な質問なら
お答えできることもなくなくないのでお気軽にコメント欄SNSで!
いつかレンズレビュー記事も書きます。

【宣伝】Twitter:@hirusugiokita、インスタ:hirusugiokita


脱線しましたが初撮りから10日後!7月20日!!

初マクロで参戦じゃあああああああ!!!!!


200324シオヤアブ♀シオヤアブ♀

寄れる!ボケる!!プロみたい!!!

かっけええええええーーー!!!

虫撮りの沼へ落ちた瞬間でした。

ちなみにこちらシオヤアブ♀
いまの私の最推しです。


200324オオホシカメムシオオホシカメムシ

虫と二人きりになれたような感覚になれますね。

素晴らしい!素晴らしいぞマクロレンズ!!

オオホシカメムシでした。


200324キバラヘリカメムシキバラヘリカメムシ

ニーソックスを履いていることで有名なキバラヘリカメムシです。

当時はカメムシに対して"臭い"以外の印象がありませんでしたが
撮影していると愛おしくて愛おしくてたまらなくなります。


200324キリギリスキリギリス

怠け者な遊び人として有名なキリギリス
その実は獰猛な肉食ハンターです。かっこいいぜ!!


今回載せた写真は私の超お気に入りなんです。
自然な姿を飾り気なく撮れていると思うんですよ。

少ないながらも経験値や知識を積んでいくと
良い写真のルール技術力 を意識してしまいます。

例えば被写体はとにかく大きく、背景はシンプルに
白飛びさせずに、補色を確実に、みたいな。

確かにコンテストや販売が目的であれば非常に重要なことですが、
自分の目で見たまま感じたままの作品
作るのも忘れないようにしたいものです。



良い機会なので初心に帰って虫撮りに向き合ってみようという話でした。

1年間ありがとうございました!!

これからもまったりざっくり曖昧に更新していきます。

今後ともよろしくお願いいたします!!

プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
岡山の虫写真。
Twitter(@HirusugiOkita)

最新記事

キャンプがしたい 2020/04/08
孤独な夜の虫撮影 2020/04/03
祝1周年!ブログ続いたぜぇ~!! 2020/03/24
春だ!虫撮りだッ!!! 2020/03/21
涙の虫撮り0228!!【後編】 2020/03/13
涙の虫撮り0228!!【前編】 2020/03/07
67周年の池田動物園③ -腹を空かせた獣たち編- 2020/03/05

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ