赤き戦闘狂・ショウジョウトンボ

降ったり止んだりモヤモヤした天気が続きます。
しかし嫌なことばかりではありません。
もうそろそろスイカが美味しい頃合いでしょうか。
割って出てくる赤色は夏の暑さを心地の良いものにしてくれます。

こんにちは、昼杉です。

夏の赤色といえばスイカ以外にもう一つ!

ショウジョウトンボです!!

190712ショウジョウトンボ♂ショウジョウトンボ♂

トンボ界最強の赤!!!!!!

日本だけでも多くの赤いトンボがいますが
そう言ってしまっても過言ではないでしょう。

なんてったって、目も鼻(額)も、脚先から尻まで全て赤いんです。
しかも、くすんでいたり、毒々しかったりもない綺麗な赤色!上等な赤色です。

前回の記事「超トンボ!!!!!!!!!!!!」でもお話しましたが
性格は傍若無人。せっかく止まったチョウトンボを追い払ってしまう撮影者の宿敵です。
その姿勢は同種に対しても同様。
オスは縄張り意識が強く、他のオスが近づいてくるや否や、真っ直ぐ向かって追いかけまわし
ヒートアップすると翅でバシバシと音を立てながら戦闘を繰り広げ、
それらはさながら戦闘機アクション映画

直進的でスピーディーなトンボチェイス!!!
上下数メートルを行き来する3Dバトル全開!!!!!

──その目に焼き付けろ。燃え上がる赤き魂の行く先を。
Coming Soon...


ハリウッドで頼みます。

ちなみにメスはこんな感じ。

190712ショウジョウトンボ♀ショウジョウトンボ♀

オスとは体色が異なり黄色ですね。
目に優しく見ているとなんだか落ち着きます。

トンボの多くが羽化直後(未成熟と呼ばれます)は薄い色をしています。
乾いてくるのか何なのか分かりませんが、段々色が濃くなるわけです。
というわけで未成熟のオスはこんな感じ。

190712ショウジョウトンボ♂(未成熟)ショウジョウトンボ♂(未成熟)

オスの美しき赤色の片鱗が見えますが、黄色に近いオレンジ色
ここから徐々に濃くなっていきます。

オス、メス、未成熟と同じトンボでも3度楽しめるお得仕様でございます。

飛行を観察して楽しい、色が違って楽しい!
全体が美しい赤色!!!!
まさに究極のアカトンボというわけです!

トンボ警察「ピピーッ!止まりなさい!!いま何て…」

ボク「アカトンボ…究極のアカトンボ……」

トンボ警察「逮捕だ!!」


うっかりしていました。

虫に全く興味のない皆様も一度は聞いたことがあるでしょう。
アカトンボ。夕焼け小焼けのアカトンボ

赤いトンボを見ればアカトンボというのが世の常。

しかし!アカトンボというのは分類学上、トンボ科アカネ属に属するトンボの総称。
単にそういうグループの属しているからアカトンボであり、色は関係ありません。
青いアカトンボもいますし、黄色いアカトンボもいます。
ショウジョウトンボは何か違うみたいです。
ちなみにショウジョウトンボより赤いアカトンボはいないと思います。

うーん、よく分からん。。。

モヤモヤした天気なのでモヤモヤした気持ちで終わらせる。
この季節特有の空気の重さ堪能するのも粋でしょう。いや…ごめんなさい。。


※ショウジョウトンボがアカトンボに含まれることもあります。

超トンボ!!!!!!!!!!!!

ブログアクセス数が5000を突破しました!
ありがとうございます!!
これからも気ままにゆったりやっていこうと思います。

こんにちは、昼杉です。

さて、前回のチョウトンボ記事からちょうど1か月!

2019/06/10「 待ってるからなチョウトンボ 」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

書きたい魅力がまだまだありますが、今年撮れたときの記事にとっておきます(笑)



蝶のようにフワフワと舞う綺麗な蜻蛉・チョウトンボ。

やっとこさ撮れました!

190709チョウトンボチョウトンボ♂

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!ぎょえええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!

綺麗過ぎます!!!

何色といえばいいのでしょうか…

青色?赤色?緑?
うーーん、いろんな色!!

超最高です。

なかなか良い場所に止まってくれず
3時間同じところで歩いてみたり座ってみたりボーッとしたりしていたらモデル魂の溢れる子が降臨。
ありがとう…!ありがとう……!!

チョウトンボの撮影は普段から数時間コースで挑みます。
チョウのようにフワフワと飛び私の腕では飛翔写真が撮れず…
あまり休憩せず飛び続け…
休んだと思えば樹上のため届かない…

そして運よく良い感じに止まっても、撮影者にとっての宿敵が存在います。

ショウジョウトンボ!!

190709ショウジョウトンボ♂ショウジョウトンボ♂

赤色で綺麗ですね!
顔から脚先、尻まで漏れなく全部赤いトンボです。
チョウトンボと趣味が合うのか私の少ない経験上では生息環境が100%被っています

ところで、友人作りにおいて「共通の趣味を探す」は基本かつ確実な決まり手です。
ですが虫の世界はそんな生易しいものじゃありません。
趣味(生息環境)が合うということは邪魔な存在であり紛うことなき敵!!

ショウジョウトンボ自体は数もそこそこ、止まる頻度は多い、撮影映えもする。
言うことなしです。

しかしチョウトンボは気弱な性格に対して
ショウジョウトンボは傍若無人。俺の場所は俺の場所。お前の場所も俺の場所。

休憩中のチョウトンボに忍び足で近づく昼杉。
そこでショウジョウトンボが「ここは俺の場所だ」と
チョウトンボを追い払い撮影チャンスを奪われた悲劇は数知れず!
まぁ、そのあとでショウジョウトンボを撮るんですけどね。綺麗ですし…

そんなわけでチョウトンボはなかなか撮影できない。という話です。

ちなみにチョウトンボは遅起きで8時半くらいから飛び始めます。
それまでは少し高めな木の葉の上でスヤスヤお休み。
人間社会もそのくらいから起き始めた方が美しい人生になれそうです。おやすみなさい。

釣り餌じゃないよカゲロウだよ

今朝は良い感じに目が覚めたので目的もなく朝5時からフィールドへ駆け出しました。
押しつぶされそうな湿気荒れ狂う蚊の大群に阻まれ2時間とせず帰路へ。

こんにちは、昼杉です。

そんな早朝に池でバス釣りをしている方を発見。
海釣りはとにかく早い、というか夜から出かけるイメージでしたが
バスもそんな感じなんですね。

というわけで釣りと縁ある虫を!

190706トウヨウモンカゲロウトウヨウモンカゲロウ

トウヨウモンカゲロウです!おそらく多分。
羽化したてなのかトウヨウモンカゲロウの特徴的な脇腹の模様が出ていません。

天を仰いでいます。
神々しいなんてもんじゃありません。神ですよ。神!!
あれっ、神は天を仰がんな…細かいこたぁいいんです!!!

全体的に柔らかく しっとり もっちり。そして爽やかさがあります。
お腹いっぱいになりそうな形容ですがそれでも言い足りません。

そしてカゲロウといえば川釣りの餌
幼虫は石底から掘り起こされ釣り餌として針で串刺しです。

またフライフィッシングの毛針カゲロウの成虫をモデルとしていることが多いです。
というのも、カゲロウは交尾期になると川の上空で無限に湧き大乱舞を繰り広げます。
脚を…いや翅を滑らせたか力尽きたか、何らかの理由でかなりの数が水面に落下し溺れます。
それを魚が食べる!!!
カゲロウは可哀想な気がしますが、それにより魚が生き延びます。
何万年とかけ続けられた自然界のシステムです。

そんな背景から魚はカゲロウを見るや否や飛びつくとされ毛針が誕生したのでしょう。(たぶん)

もしカゲロウが戦闘機ほどの飛翔能力を手にしたり、
オリンピック選手並みの水泳能力を身に着けたりすると、自然界への影響は…
なんて妄想もちょっと楽しいです。

幼虫も成虫も釣りの餌として有名なカゲロウですが、
実物は美しい虫だということはもっと知られても良いよなぁ。と思います。

最後にこちらの写真は冒頭の釣りエピソードで思い出し、引っ張り出してきたものです。
なので撮影は5月中旬
7月となった今ではすでに絶命し次世代の種を川へ託しているでしょう。
虫写真では当たり前のことですが、モデルがすでに亡くなっているというのは少し切ないです。

プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
岡山の虫写真。
Twitter(@HirusugiOkita)

最新記事

赤き戦闘狂・ショウジョウトンボ 2019/07/12
超トンボ!!!!!!!!!!!! 2019/07/09
釣り餌じゃないよカゲロウだよ 2019/07/06
薄羽白蝶──読んで字の如し 2019/07/02
家(うち)は手すり。ウチワヤンマ 2019/06/28

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ