CALLING

「あたしメリーさん、いまゴミ捨て場にいるの」

「あたしメリーさん、いまタバコ屋さんの前にいるの」

「あたしメリーさん、いまあなたの家の前にいるの」

「あたしメリーさん、いまあなたの後ろにいるの」



ぎゃあああああああああああ!!!


こんにちは、昼杉です。


ご存知、怪談系の都市伝説「メリーさんの電話」です。

この話の肝はその後の展開、つまりオチがないこと。
緊張感がピークのまま余韻を残す、なんともいえない不気味さ。
考察の余地があり自分なりの解釈を見つける楽しみがあります。

しかしどうも煮え切らない、息を吐いて爽快な気持ちでありたい。
そんな不満がある人も少なくないでしょう。

突然 何の話かと言いますとね。
いや、ね、、私、体験したんですよ。


~~~


歩行者用の赤信号で待つ仕事帰りの晩のことである。

早春とは思えぬ生暖かな風が吹いていた。

───あたシ………、に……ィル/………

ピタリと風が止んだ。
確かに聞いた。道路脇の茂みの中から呼びかける声を。

背筋が凍り帰路を急ぐ。
行けども行けども聞こえる声。

『あたシ………、に……ィル/………』
『あたシ………、に……ィル/………』
『あたシ………、に……ィル/………』


1か所ではない。あちらこちらで呼んでいる。
なんなんだよ、なんなんだよ!ようやく着いた自宅に飛び込む。

電気をつけTVの電源を入れた。
お気に入りのバラエティ番組が映る。
軽快なトークを飛ばす出演者。黄色い声で賑わすオーディエンス。
ほんの数分ぶりだが、どうにか取り戻した日常。待ち望んだ平穏。

冷蔵庫の缶ビールに手を伸ばす。
指先が痛くなるくらいよく冷えたビールだ。
最初は唇の泡の感触。
次に舌を冷やし、ごくごくと喉を鳴らして五臓六腑に染み渡る。
押し寄せる幸せ。楽園はここにあるのだ。

───あたシ………、に……ィル/………

ドアの外で確かに聞こえた。

酔いが冷める。汗を握る拳。
怖くなり思い切って玄関のドアを蹴り破るが、誰もいない。

幻聴か、ホッと胸をなでおろした直後、足元から確かに聞こえた。


『『『ジーーーーーー、ジーーーーーー……』』』


210414 [キリギリス]クビキリギス



気付けば手に握っていた得体の知れぬ"ナニカ"。

わあああああ!己の声とは思えぬ叫びが飛び出す。

恐ろしくなり投げ出すが、纏わりついて離れない。


210414 [キリギリス]クビキリギス_2



何なんだお前はぁぁぁぁぁァァ!!
叫びはやがて断末魔のような絶叫に変わった。

すると天界から一人、白髪の老人が降り立った。

「神…様……?」

私は問う。

「""それ""はクビキリギスじゃ……」

「首切り…!?」

「なにもお前さんの首を切るわけではない。
噛み付く力が強いんじゃ。一度噛み付くと とんと外さず、
強引に引き剥がそうとすると首が取れてしまうのが由来と言われておる……」

「そんな……他にはどんな特徴が?」

「バッタのなかまでは数少ない成虫越冬をする種なんじゃ…
いまの時期から繁殖のため
あちらこちらで鳴いて自身の存在をアピールするんじゃよ……」

そう言い残すと老人は闇夜の先にスゥッと消えていった。


210414 [キリギリス]クビキリギス_3



視線を"クビキリギス"に戻すと、せっせと脚の掃除に勤しんでいた。


か、かわいい…!!





・あとがき
"あたし"と聞こえた気がしたんですが
このクビキリギス、よく見たらオスでした。
スポンサーサイト



氷上の四月馬鹿

うだうだしていたら4月の一週目が終了。
SNSなどのの虫発見報告では春虫があらかた出揃いました。
山行かないと!

こんにちは、昼杉です。

先日、Twitterで大滑りしたのでこちらで供養しておきます。

実は私……
指輪を発売することになりました!!


───移り行く瞬間を永遠に、輝きは色褪せず。
ヴィンテージとモダンを兼ね備えたレピドプテラなコレクション。


アヤトガリバを添えた限定リングを完全受注生産で販売いたします!!

210406[ガ]アヤトガリバ201023


はい、エイプリルフールです。

頭のなかでは出来上がっていたんですけどねえ。
なんか安っぽくなってしまった……
ちなみに編集で一番時間がかかったところは
太い指を細くする加工です(笑)

気分はさながらモデルフォトグラファー!!



……。



210406[ガ]アヤトガリバ201023_2


アヤトガリバです。

撮影は去年の10月。秋の蛾です。
家の前に落ちていたのでお持ち帰り。


210406[ガ]アヤトガリバ201023_3


上質な絨毯のような胸部の厚みのある毛並み。
そこから生えるグラデーション豊かな翅。
特に付け根の深いグレーゴールドがたまらん。

210406[ガ]アヤトガリバ201023_4


一番の魅力はここ。

ぜひ翅の隙間から飛び出すお尻をアップしてご覧ください。

ボワッとしてて可愛いでしょう!そうでしょう!!


……来年のエイプリルフールにご期待下さい。

里山4カ月行かざれば

ひっさびさに山へ行ってきました!!
11月ぶりです。
男子3日会わざれば何とやら…と言いますが
山は4カ月経っても何も変わらず迎えてくれました。

こんにちは、昼杉です。

210328[チョウ]テングチョウ

まず出てきてくれたのは早春の先駆け妖怪・テングチョウ

彼(彼女?)を見ると春が来たなーと実感しますね。

いやぁ、距離感や息の仕方を忘れてしまったのか全然近づけません。
鼻息で逃げられるとは、なんて前のめりなアプローチをしてしまったんだ……

日向ぼっこをしている最中をなんとか激写。

191115テングチョウ


これは一昨年の写真。確かに天狗のようなお顔をしております。
(正確には鼻ではなくパルピという謎器官)

-----

ノイズのような小さき虫たちに惑わされながら
ふらふらと山を彷徨っていると撮りやすい虫が草の隙間に。

210328[セミ]クマゼミ抜け殻

真夏の爆音モンスター・クマゼミ……の抜け殻!

なかなか奇麗な状態で残っていました。テンション上がるやつ。

外して手元で観察したいところですが、
しばらく後に訪れてまたあったら嬉しいのでそのままに~。


-----

そしてそして春といえばこの虫!

210328[アブ]ビロードツリアブ


春のもふもふ・ビロードツリアブ!!

もっふもふだぁ~!!!

細い脚が可愛い。
ツンッと立ったクチバシ(口吻)が可愛い。
お腹の白い毛が可愛い。

もう全部可愛い。

たくさん飛んでいました。
ただ先ほど申し上げた通り私の接写能力は地に堕ちているので
無限にあったチャンスのほとんどが失敗。。

時季的にまだまだビロツリチャレンジはできるので諦めずに付き合ってもらいましょう。

210328[アブ]ビロードツリアブ_2


何度見てもタワシだなぁ。

プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
虫撮る人。
Twitter(@HirusugiOkita)

最新記事

CALLING 2021/04/14
氷上の四月馬鹿 2021/04/06
里山4カ月行かざれば 2021/03/28
発作 2021/03/20
久々の来客 2021/02/04
【2021】明けましておめでとうございます 2021/01/03
冬を逃避し6月へ 2020/12/16

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ