自粛・フィールド・家でゴロゴロ

少なくとも4月いっぱいはフィールドを自粛しようと思います。

こんにちは、昼杉です。

200412ビロードツリアブビロードツリアブ

春の妖精・ビロードツリアブ
モフモフの可愛さで有名ですが
こうして見ると結構カッコいいのでは?

スヤスヤおやすみ中。Zzz…

-----

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による緊急事態宣言が各地で出ました。
我が大都会岡山は対象ではありませんが
日々新たな感染者が発表されており決して他人事ではありません。

また不要不急の外出は控えるよう「自粛ムード」が広がっています。
今でも記憶に新しい言葉「自粛ムード」。東日本大震災です。

そもそも「自粛」とは、ある行為を他者の命令や指示によらず
自発的に控えることでその"適否"は問いません。
必要な自粛があれば、不必要な自粛もあります。

震災ではその点が大きな問題になりました。

被災者への罪悪感遠慮で全国的に花見の自粛がされました。
それによりお酒の消費が大きく減少。
復興に向けて努力していた被災地の酒造メーカーですが
肝心の日本酒が売れないという状況に陥り、
かえって被災地を苦しめる経済的な二次被害を招く結果に。

自粛をしなければ二次被害が起きなかったわけで
これは合理性に欠き不必要な自粛であることは明らかです。

さて前置きが長くなりましたがCOVID-19のための自粛は必要か否か。

集団感染の対策を行う体制や医療提供体制の確保が差し迫った課題である
現状を踏まえると、必要性のある自粛だと考えます。

では私同様に
趣味で山や公園などのフィールドへ行くことは?

フィールドやそこまでの移動を含めて「3密」(密閉・密集・密接)を
避ければ問題はないと思います。
(指定された大都市圏については分からん)

また、終わりが見えないこの状況。
長期戦になるからこそ健康に気を付けなければなりません。
家にこもりきっていれば、心も体も不調が出てくることになるでしょう。
リフレッシュすることも必要な対策です。
感染リスクを考慮したうえで個人や家族で外の空気を吸うべきです。

ただSNSや訪問しているブログで
友人知人と山へ出かけている報告をしているのを多く見かけまして。。

「街は危険だからみんなで山に行ってきた」
「これで最後だから」
「仕事があるんだから今更…」
不要不急の外出を控えるという
その意味が分かっているのでしょうか。

また今は桜 や 春虫の人気種 発生時期のため
有名な撮影ポイントには多くの人が集まります。
単独で行ったからといってそこで交流をしてしまっては意味がありません。

かと言って私には
その人らの行動に制限をかける権利はないですし
声をかける度胸も知識もありません。

私は移動やフィールドでの感染リスクを考慮し
朝5時夜間に山へ行き虫ライフを楽しむという生活を送っていました。
人間との接触は出発から帰宅まで完全にゼロです。

それでも"必要以上"の外出をしないことが感染対策になることは間違いないですし
皆が皆、接触を完全に無くしてフィールドを楽しめるわけではないので
「俺はフィールド行っても大丈夫だけど、お前らは気をつけろよ」
と言っても説得力がありません。

また私はプロでなければ昆虫研究に貢献しているわけでもないので
上で挙げた酒自粛のような経済的被害学問への影響もありません。

加えてこれはお世話になっている写真家さんの受け売り(T氏)なのですが
山で滑落、毒性のある生物の被害などが起きた場合に
多忙な医療現場に負担をかけるわけにはいきません。

そんなわけで4月いっぱいのフィールド自粛に到ったわけです。
休みの日は家でゴロゴロしたり
その辺をフラフラ歩いたりして過ごします。

我慢しすぎると心が壊れてしまうので
5月に状況を踏まえて考えなおそうと思います。

多くの事情があることと思いますが
趣味でフィールドに行く方々は
その行為に合理的な理由があるのか一度見直すべきかと。

単独でも,家族と一緒でも行くなとは言っていません。
移動含めて他人との濃厚接触を限りなくゼロに近づけてほしいなと。
見に見えないウイルスにただただ怯える一般人の戯言でした。

-----

ってことでしばらく過去写真
必要な外出で出会った虫を載せていきます。
虫はどこにでもいるからね。

200412ビロードツリアブ_2


最初に載せたビロードツリアブの別カット。

こんな感じに枝にぶら下がって寝ていました。
実はビロツリの睡眠中に出会ったのは初めて。

クチバシの生えた毛玉ですね。

あぁ~、可愛い!

こんな感じで私もしばらくは
ゆったりと過ごそうと思います。
スポンサーサイト



【新年】201…あっ

明けましておめでとうございます!!

早いもので2020年
西暦を書くときに「201…あっ」ってなる年です。

200102シオヤアブ♂シオヤアブ♂

写真はモフ可愛さと、ハードボイルドなカッコよさ
極めた最も推している昆虫・シオヤアブさんです。

今年も虫の年になりますぜ~!!!!

さて、虫撮りについては一体どんな1年にしようか…

自分がよく行く所(マイフィールド)が
想像以上に恵まれていることに気付いたので
他所へ浮気せずにこの場所に全力を注ぐのもいいし、

羽根を広げて各所へ遠征。
環境の異なるまだ見ぬ虫たちをたくさん見ていくか。

撮影スタイルについても悩みます。

撮影者の名前が書いていない写真を見て
「あ、この写真は〇〇さんだろうな~」と思うことがしばしばあります。
撮影者の個性が作品からほとばしっているわけですよ。

自分の写真を見て「昼杉っぽい」と感じてくれる人がいたらどんなに嬉しいか。
そんなわけで『自分の写真』なるものを煮詰めていきたいです。

……いやしかし、まだその段階に入るのは早い気もする。
色んな作風を試みるのも手な気がする。
そもそも自分の写真というのは自然に出てくるもので
狙って撮るものではない気もする……

あー、優柔不断!!

ご飯を食べに行ったときも注文がいつも一番遅い私です。

あれこれ考えつつも
趣味は楽しく自由に。がモットーなので
結局、今年もその場の気分でゆったりまったりしていくんだと思います。

ふわふわとした内容になりましたが
今年も1年よろしくお願い致します!!

2019年をざっくり振り返る

191231大晦日アイキャッチ

まもなく2020年突入です。

家族でゆっくり過ごす方、初詣を待つ方
初日の出を目指し山へ海へ繰り出している方
お仕事中の方、寝ている方

思い思いに過ごされていることでしょう。
一人一人に正月は来ます。

こんばんは、昼杉です。

私はというと、コタツにミカン。
年越しそばにTVのリモコン。
もう準備万端ばっちりでございます。

さて、特に書くこともないのですが
年末の12月31日に記事を更新することに何か意義があるような…
駆け出しブロガー特有の使命感でしょうか。

今年はどんな年だったでしょうか。

私は虫だったり人だったりと「出会い」の年でした。

今年は誘い誘われアッチへ行ったりコッチへ行ったりと
我ながらよく動いたなぁと。
(元々インドア派なため一般的には少ない方かも…)
誘ってくださった方々、ご参加いただいた皆様ありがとうございました!!

190513イベント_2どこにでも虫好きはいた」より

イベントに参加したり

190608箕面公園昆虫館【デート】箕面公園昆虫館レポート【穴場】 」より

箕面昆虫館を走り回ったり

190720風景カブクワ探索レポート①」より

身近な知り合いが実は生物好きと発覚したり

190725L100_20190723_134427Laowa 100mm 一日目の感想」より

頼もしい新レンズを導入したり

190818イベントぶらり大阪 虫の旅 ~1日目~」より

190819昆虫展_2ぶらり大阪 虫の旅 ~2日目~ ①昆虫展編」より

大阪のトークショーや特別展に突撃したり

190824クマゼミ_4初めての夜撮影 ①クマゼミ編」より

190827オオゲジ_2初めての夜撮影 ②迫りくる夜虫編」より

初めての夜間撮影に連れて行ってもらったり

191020アキアカネ♀_2日本海遠征① -海を越えたトンボ編-」より

日本海の空気を吸ったり

191103S地区遠征(191231追加)102627遠征① -S地区・案内編-」より

ネットの虫仲間のフィールドを爆走したり

191219牡蠣祭り冬だ!牡蠣だ!西日本 生物班 大集合!牡蠣祭り2019

生物好きで集まって牡蠣を食いまくったり

ブログではまだ紹介しきれなかった多くの遠征や集まりがありました!!

(このブログは備忘録を兼ねているので冬の間に全部書いておかねば…)

驚くべきことにソロフィールドよりも
複数人での観察した日の方が多いという異例の年でした。

ありがたいことです。

一人でじっくりと観察するのも良いですが、
誰かと話しながら気楽に自然を楽しむのも最高です。

来年もまったり自然観察をしていきます。

ではでは、良いお年をお過ごしください!!

プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
岡山の虫写真。
Twitter(@HirusugiOkita)

最新記事

すやすやブルー 2020/10/08
涼しくなっていいよ 2020/09/14
月の女神は堕ちてなお 2020/09/07
9月になったので 2020/09/03
8月31日 2020/08/31
羽っ化り 2020/08/27
夏のヒーロー 2020/08/21

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ