カマキリ写真本を買ってみた。フランス語の。

フランスパンを見るたびに懐かしさを感じるのですが、
それは私の前世が高貴なフランス紳士だったからでしょうか。

ぼんじゅーる。昼杉です。

凱旋門、エッフェル塔、シャンゼリゼ通り、パリミキ。

世界の上品の全てを詰め込んだオシャレな国で
いま最も熱いものをご存じですか?

230219_GR0955「Mantis religiosa」YUTAKA TAKAHASHI(IKI出版)


───そう、髙橋ユタカ氏のカマキリ写真本です。

フランス詩人マリーさんの詩文で彩られたカマキリ写真の数々。
A4ソフトカバー。圧巻の145ページ。







髙橋氏自身も、そのお写真からも分かるように
優しくあたたか、まさに生命の美しさに
輪郭を与えたようなお方ですが、
フランスでカマキリ写真の個展経験もある暴れん坊な怪物。

写真集は淡い作風を中心に小サイズから迫力のある見開きまで
読んでいて動きのある構成となっております。

カマキリの写真本ですが、写しているのはカマキリだけにあらず。
自然界に確かに存在する、数多ある小さな命の瞬間と
そこにある世界が切れ取られた、空間が美しい一冊です。

国境を越えて愛される彼と彼の作品に更なる活躍をお祈り致します。

・髙橋ユタカさんのTwitter
https://twitter.com/yutakamakiri
・インスタグラム
https://www.instagram.com/yutaka_the_mantis.ism
・購入はこちら
https://ibashogallery.com/publications/314-mantis-religiosa-yutaka-takahashi/













スポンサーサイト



推しが個展ひらくってよ。東京の真ん中で。

中学生の頃、ボクが美術の時間に描いた作品が、優秀なものとして廊下に貼り出される事件がありました。
そんなね、ただ提出すればいいやってテンションで仕上げたもんですよ。義務感で。それが大衆の目に晒されるってんだから、逆に恥ずいっつーかね。
面白いこと言ったつもりじゃないのに、笑われると逆に馬鹿にされた気になるじゃないですか。
ああ才能って、ときに自身に牙を向くんだなって。
やめてくれ、やめてくれ、と廊下を見に行ったわけですよ。

そしたら、天地逆さまに飾られていました。

先生は逆さまのそれに一体なにを見たのか。

まっ逆さまですよ。



こんにちは、昼杉です。



2月。東京。
上野で""本物""が大暴れするそうです。

220202春日佳歩展_上野の森美術館HPより

第38回上野の森美術館大賞展 絵画大賞受賞者
春日佳歩 展

(画像は 上野の森美術館HP より)

上野の森美術館は、歴史ある重要文化財をはじめ、新進気鋭な芸術家たちによる独創的な企画展を開催する超すごいところです。
そこで個展って。ギャラリーひとつを春日先生の作品で埋め尽くすってわけですよ。
しかも自分で開くんじゃない。先の大賞展で大賞を受賞し勝ち取った個展ですよ。
これはもう事件ですよ。歴史に名を刻む大事件です。

実は春日先生は5年前からの大ファンです。
スタイリッシュな作風からマスコット的な可愛らしい虫さんまで自在に操る表現力に圧倒されました。
ボクはね、そのときから見抜いてた。彼女は世界で活躍する画家であると。

しかもしかも、数年前に国立科学博物館の昆虫展にご一緒させてもらう大変充実した事件もありました。
声を大にして言いたい。ボクは昆虫展にご一緒させてもらいました。

そんなわけで仲良くさせて頂いておりまして、
記念のダイレクトメールがどうしても欲しいと懇願したところ送っていただきました。
ありがとうございました!

220202春日佳歩展_1

220202春日佳歩展_2


このダイレクトメールからですらほとばしるパワーですよ。

くぅ…これは生で見たい……!!

タイトルのうえをトコトコ歩いてるアリさんも可愛い……




大きな画像で見たい方はこちらから(春日さんのツイート)。


こちらの作品は
「第38回 上野の森美術館大賞展」で大賞を受賞された
『惨くて、美味しくて、』

動物カワイイと言っても肉は食うし、食うなと言われても腹は減る。

漁や家畜など"命"を自在に操り食へと還元するいっぽうで、ペットや観賞などで"命"を尊重。
理性のある人間だからこその「命」の定義って恐くも興味深い矛盾だと思います。

瞬間を捉えることに関しては写真が専売特許だと信じていましたが、
命と食事が入り混じった人間の証がこの一枚に詰まっていて、タイトルの通り、惨(むご)くて美味しい瞬間を感じました。

そして、盛り付けられた卵焼き、こぼれた飯、鹿の頭と、女性の頬。
料理,残飯,死骸に人間。
ところかまわず群がる蟻にとっては全て平等に「餌」という人間の理性への皮肉めいたものも読み取ってみたり。

本物がそこにないのに、作者の感じた物事の本質をたった一枚で伝えられる。絵ってすごい…

解釈が全然ちがったらごめんなさい、、
そこもまた芸術を食らう人間のエゴの本質ということで(笑)

-----

220202春日佳歩展_3


それでね、それでね、シオヤアブ缶バッジも頂いちゃいました!

説明しよう!ぼくこと昼杉はシオヤアブが大好きなのだ!超感激!!!

以前色々あって落ち込んでるときに描いてもらったイラストです。泣けるぜ。
イベントごとなどで使わせてもらいます~。

-----

そんな春日先生が手掛けたLINEスタンプもご紹介!

220202カマキリスタンプ


かまお LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/4658930

よく使う4種。かわいい。


-----

最後に。
ダイレクトメールの写真を掲載しましたが
読者それぞれのモニタの設定などの影響で実際の色味とは大きく異なる場合があります。

ネットでなんでも見られる時代になりました。
写真作品もそうですが、モニタって人によって色が全然違います。
こと絵に関しては液晶や印刷物では表現できない「色の数」があり生で見ると別物なことが珍しくありません。
ぜひ本物を見てみてください!!!


第38回上野の森美術館大賞展 絵画大賞受賞者
「春日佳歩 展」

場所  :上野の森美術館 ギャラリー(JR 上野駅から徒歩数分)
期間  :2月13日 (日) 〜 2月23日 (水)
開館時間:10:00〜17:00(最終日14:00閉館)
入場料無料
https://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=1061647

かまおスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/4658930

SNS
https://twitter.com/konchu_6464
https://www.instagram.com/kasuga_kaho

スッと500円出せるところが大人なんだよな

私は目を閉じその場を動けずにいた。

──葛藤。

鳴り響く機械音。焦げた匂い。
子供の叫びがこだました。

祈りを込めて手を伸ばす。


こんにちは、昼杉です。


私は大人なのでコーヒーはブラックです。
無論、焼肉屋さんに一人で入れるし、ピーマンだって食べられます。
冷たい手を背中に入れられたとき「ひゃっ」と叫ぶくらい当然に、冷たいはずのその手が好きな子のものだと気付いて頬が熱くなるくらい当たり前に、店員さんがメニューを持ってきたとき自然な流れで「とりあえず生で」と注文できます。

ときに皆様はこの令和の日常を満喫しているでしょうか。
酒、タバコ、パチンコ、ギャンブル、脱税、政界進出。
年齢お財布ともに成熟した大人ならでは嗜みです。

私も先日、極上のスリルを味わってきました。

古今東西あらゆる品を集め販売している三丁目の角のスーパー。
新鮮な野菜やお魚、美味しいお肉、思いのこもったお惣菜が並ぶそれは表の顔。
目的は2階。
ゲームコーナーでは子供らがキャッキャッと賑やかにはしゃいでいる。アンパンマンのポップコーンマシーンでは出来立ての香ばしい菓子が振る舞われている。
それらの傍らに並ぶ無数の覆面ボックス。
私はその場を動けずにいた。
500円玉を握る右手はじわりと汗ばんでいる。

──ガチャガチャって100円じゃなかったっけ……?

どれもこれも300円から500円。
100円玉で気軽にレバーを回せるのがガチャガチャの強みじゃないのか。
そりゃもう私だって子供の頃は回しましたよ。こと回すことに関しては右に出るものはいない洗濯機も目を回すくらい回しましたよ。
いや500円て。そんなん気軽に回せないよ~!!!
ガチャガチャさんは子供の手の届かないところまでいってしまったんだね。

でも大丈夫。おれ大人だから。500円くらい出せるから。

220116[]いきもの大図鑑_マンディブラリスフタマタクワガタ

当たりましたよ!

皆様ご存知、マンディブラリスフタマタクワガタ。

マンディブラリスフタマタクワガタ。

220116[]いきもの大図鑑_マンディブラリスフタマタクワガタ_2


すっごいアゴ。かっこいいいいいいーーーー!!!!

"おれカブトムシ飼ってるんだぜ!"
"いいね!ぼくもクワガタ飼ってるんだ"
"なにクワガタ?"
"マンディブラリスフタマタクワガタ!!"

絶句ですよ。目が滑ってしょうがない。

マンディブラリスは下顎窩(かがくか)って意味のようです。アゴのどこかですね。
顎の先が二股に分かれているからマンディブラリス フタマタってわけですね。知らんけど。

でもね、意味が分かると名前を憶えやすくなるんですよ。
マンディブラリスフタマタクワガタ。もう覚えたのではないでしょうか。

それにしても超リアル。
聞いて納得。なんでも標本を3Dスキャンしているとか。

こちらバンダイさんが提供されている「いきもの大図鑑」シリーズの"くわがた02"です。
https://gashapon.jp/dangomushi/special/kuwagata02

220116[]いきもの大図鑑_マンディブラリスフタマタクワガタ_5


翅を伸ばして飛ぶことだって可能です。

220116[]いきもの大図鑑_マンディブラリスフタマタクワガタ_4

220116[]いきもの大図鑑_マンディブラリスフタマタクワガタ_3


裏側も良い感じ。

ガチャガチャでこんなにも精巧なフィギュアが出てくるとは思いませんでした。
大人も大満足な仕上がりです。

今月末からは同シリーズの"くわがた03"が解禁するようです。
ガチャガチャの前で500円玉を握りしめて回すかどうか葛藤しているおっさんがいたら私なので優しく見守ってくださいね。

「いきもの大図鑑」
https://gashapon.jp/dangomushi





『すごい虫ずかん くさむらの むこうには』草むらへ飛び込め!本格的な昆虫絵本!

暑いし 湿度すごいし もう限界!
蒸し暑い(虫だけに)から虫観察へ行きたくな~い!

という方々に朗報です。

今回は虫のヤル気スイッチを連打してくれる
心強い絵本をご紹介!
読めば草むらへダイブしたくなることでしょう。


200630すごい虫図鑑くさむらのむこうには


すごい虫ずかん くさむらの むこうには
(作・じゅえき太郎、監修・須田 研司 / KADOKAWA)


内容紹介(KADOKAWA 公式サイトより)
<虫ってカッコイイ!>絵を楽しむうちに、虫の生態にもくわしくなれる!
カマキリの 200匹のあかちゃん。
大人になれるのは、そのうちの何匹だと思う?

オオカマキリにトノサマバッタ、オニヤンマにキアゲハにゲンゴロウにタガメ…人気の虫たちが、大迫力の絵で楽しめます。
虫好きの子はもちろん、虫がちょっぴり苦手な子も夢中になる、本格的な昆虫絵本。
ふだんじっくり見ることのできない虫の自然な姿を、じっくり観察することができます。
絵を楽しむうちに、虫の生態にもくわしくなれる!

https://www.kadokawa.co.jp/product/321912000506




-----

来ました!2020年6月25日発売!!新作です。

爆発大ヒット中の昆虫イラストレーター・じゅえき太郎先生と
パワフル昆虫博士の須田研司先生がタッグを組んだ
すごい虫ずかん」第二弾!!

じゅえき太郎先生は
ゆるふわ昆虫図鑑関連で紹介した人です(↓関連記事は一番下↓)

今回はゆるふわではなくリアルな虫イラスト。
表紙からして迫力超満点です!!

昆虫大好き少年がくさむら探検へ出かけます。

その先には……

200630[]すごい虫図鑑くさむらのむこうには_2「すごい虫ずかん くさむらの むこうには」じゅえき太郎、須田 研司 / KADOKAWA p.09-10より

空を見上げると…

200630すごい虫図鑑くさむらのむこうには_3「すごい虫ずかん くさむらの むこうには」じゅえき太郎、須田 研司 / KADOKAWA p.21-22より

力強い虫とともに
その紹介 や ゆるふわモードの虫が!(右下)


200630すごい虫図鑑くさむらのむこうには_4「すごい虫ずかん くさむらの むこうには」じゅえき太郎、須田 研司 / KADOKAWA p.27-28より

小さな生物の世界を覗き込めます。


それにしても、この表紙
迫力が過ぎます(笑)

あのカマキリの威嚇パワーがイラストを通してビリビリと。
これですよ、これ!
生命力が間近で感じられるのが、虫観察の醍醐味。
それをイラストでも伝えられるとは圧巻の作画です。

構図も素晴らしく撮影欲が湧いてきます。
こんな写真が撮れたらいいなぁ、と
ボヤいてしまったのはここだけの話……

絵本には大きな虫や小さな虫。
目立つ虫や一見 地味な虫など様々な生物が登場します。

カマキリがいれば自然が成り立つわけじゃありません。
バッタがいて、蛙がいて、草があって
名前の良く分からない小さな虫がいて。
全員がバランスを取り合って自然があります。

この絵本は自然のなかへお邪魔しているとき
その一歩一歩で出会いうる生物と
環境を取り巻く生物の繋がりを感じ取れる
まさに"くさむら"を凝縮した絵本です。

また絵本で登場する虫のほとんどは
ちょっとした公園でも見られるものばかり。

タガメなど今では珍しい生物もほどよく登場し
探検欲も刺激されます。

もうすでに始まっている虫の本格シーズン。

私は例年、7,8月は暑いので山に行く数が激減します。
去年の8月は誘い誘われと出かけた虫のイベントと観察会以外、
単独で一度も森へ出かけませんでした。
これは虫好きとしてあるまじき行為です。

でも今年は大丈夫。
すごい虫ずかん くさむらの むこうには」は
ヤル気にブーストをかけ爆発させてくれることでしょう。

ページをめくるたびに"くさむら"のワクワク感が蘇りました。
私はこの絵本を読み終え顔を上げると
気付けばフィールドに立っていました。




・関連記事(同作者の紹介)
『タピオカガエルのタピオカ屋』梅雨にぴったり!ゆるふわ4コマ!
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-105.html



『タピオカガエルのタピオカ屋』梅雨にぴったり!ゆるふわ4コマ!

6月に入りました。
もうじき全国に梅雨がやってきます。
梅雨と言えばもちろん雨。そしてカエルですよね。

雨音のなか、お家で過ごすのにぴったりな本があるんです。
今回は絵本のような4コママンガをご紹介!!
極上の癒しをご賞味あれ。


200603タピオカガエルのタピオカ屋


ゆるふわ昆虫図鑑 タピオカガエルのタピオカ屋
(じゅえき太郎 / 実業之日本社)

内容紹介(実業之日本社 公式サイトより)
ふりがな、ぬり絵つきで、お子様でも親子でも!

「ゆるふわ昆虫図鑑」の人気キャラクター・タピオカガエルのタピオカ屋が主人公。書き下ろしを加えて待望の書籍化!

【あらすじ】
無口でちょっぴり不器用なタピオカガエル。ある日自分と同じ名前のついた魅惑の飲み物「タピオカドリンク」を飲んで、そのおいしさにびっくり仰天。
自分でお店を開こうと試行錯誤の日々が始まる。
やっと開店したものの、なかなかお客さんが集まらず…
Twitterを中心に大人気「ゆるふわ昆虫図鑑」の人気キャラクター・タピオカガエルのタピオカ屋とそのお客さんをめぐる、ゆるくてほっこり癒しの4コママンガ。

https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-33929-0





-----


SNSで爆発的な人気を誇り、アート界でも名を轟かせている
イラストレーター 兼 漫画家・じゅえき太郎先生による
ゆるふわ昆虫図鑑」シリーズです。

間違いなくいま最も勢いのある昆虫作家。
絵だけでなく作品テーマ,台詞回し,技術の幅広さ。
どれをとっても超一級。
独特な人間味溢れるストーリーに浸れば
生物がより身近に感じること間違いなしです!

・ゆるふわ昆虫図鑑(Twitterアカウント)
https://twitter.com/64zukan
・じゅえき太郎(作者のTwitterアカウント)
https://twitter.com/juekitaro

こちらは生物ネタや時事ネタを扱った新作を
毎日公開し続けている恐ろしいアカウント。
図鑑に載っていない虫の日常を描いているらしい。


研究,観察,写真,イラスト…
様々な才が蠢く(うごめく)昆虫界隈。
そんななか唯一無二の作風「ゆるふわ」で昆虫を描くじゅえき太郎先生ですが
今作はゆるふわ昆虫図鑑内で登場する人気キャラ「タピオカガエル」をテーマに。



タピオカガエルは実際にいるカエルのなかまです。
あるきっかけで流行りのタピオカ屋デビューを目指します。

200603タピオカガエルのタピオカ屋_2「ゆるふわ昆虫図鑑 タピオカガエルのタピオカ屋」じゅえき太郎 / 実業之日本社 p.006より


流行に便乗しただけでは商売上手くいかないのはカエルの世界とて同じ。
様々な苦難がタピオカガエルを待ち受けます。

しかし美味しいタピオカを知ってもらうため
前向き直向き実直に頑張っていくタピオカガエル。
タピオカ屋は徐々に軌道に乗り始めます。

200603タピオカガエルのタピオカ屋_3「ゆるふわ昆虫図鑑 タピオカガエルのタピオカ屋」じゅえき太郎 / 実業之日本社 p.042より



──多種多様な自然界。

激務に嘆く働きアリ。死闘を繰り広げるカブトクワガタ。
水から出られぬウーパールーパー。映えたい蜂。
とっても無邪気なオタマジャクシ。

様々なお客が訪れるタピオカガエルのタピオカ屋。

読むと癒され、優しくなれる。
ゆるふわで温かい。そんな4コマです。

それとあまりにも優しすぎて
時々泣きそうになるのでご注意ください。


-----


老若男女、それこそ未就学児にもオススメできる1冊。
むしろ生物に興味のない層に読んで欲しいです。
紹介したSNSでほとんどの内容が読めるのでまずはそちらでお試しを。
書籍のために書き下ろしたイラストも素晴らしい…
そして紙の質感にも拘りが。柔らかな触り心地。
原画のような温かみを感じました。
じゅえき太郎先生は他にも本を出しまくっているのでまた紹介します。



プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
虫撮る人。

最新記事

ファミリーマートに独りで来ました。ごめんなさい。 2023/04/16
スタバのトイレに鍵がかかっていた件。 2023/04/09
そして僕はカメラを置いた。 2023/04/02
冬のお外で食うカップ麺が一番うまい。 2023/03/05
カマキリ写真本を買ってみた。フランス語の。 2023/02/19
はじまりの虫撮り -さらば寝正月2023- 2023/01/02
枕元には喉飴と綿埃。 2022/12/25

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ