日本海遠征③ -虫と妖怪編-

寒い。早朝に出かけたときは歯がガタガタなりました。

こんにちは、昼杉です。

前回の続きです。

~ここまでのあらすじ~
飛来種探しの傍らで秋の虫を堪能するYさんと昼杉。
しかしお腹が空いてきてしまい…!?
「日本海遠征② -秋の虫撮り編-」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-66.html


虫スポットを暴れ回りお腹が空いてきたので
虫とはまた違う異形の者たちが集う場所へ行ってきました!

191031水木しげるロードがしゃどくろ

水木しげるロードです!

日本を代表する妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるの出身地であり
妖怪がひしめき合う超恐ろしい境港市の観光スポット!!

ゲゲゲの鬼太郎は現在も絶賛放送中です。面白い。

191031水木しげるロード_2猫娘

こんな感じで妖怪オブジェが無限にあります。
どれも個性が強く虫並に楽しめます。

191031水木しげるロード_3

ひえっ~!足元にも妖怪が忍んでいます。オシャレ!

191031水木しげるロード_4目玉おやじ

見上げてみると親父さん!こんなところに!!

境港は妖怪だけじゃありません。
海の幸だって最恐です。

191031水木しげるロード_5

191031水木しげるロード_6

和泉」の海鮮丼です。

多種多様な魚を詰め込んだ丼!
海鮮の出汁が溶け込んだ味噌汁!!

こ、これはまさに…
海の幸の百鬼夜行や~~~!!!!!

ごちそうさまです。

191031水木しげるロード_7

191031水木しげるロード_8

191031水木しげるロード_9

ちなみに街中にも虫がいます。

遊び心もあり楽しい場所でした。
次は丸1日遊びに行きたいです。

Yさんありがとうございました!!!
(夕飯ごちそうさまです!!!!)


日本海遠征2019 完





***関連記事***
「日本海遠征① -海を越えたトンボ編- 」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

「日本海遠征② -秋の虫撮り編-」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
スポンサーサイト



日本海遠征② -秋の虫撮り編-

昨日TVで俳句添削のようなコーナーが放送していました。
テーマは「デパ地下」。私も一句。

良い匂い あっちもこっちも 良い匂い

こんにちは、昼杉です。

とは言ったものの、デパ地下の匂いってあまり好きではありません。
様々な匂いが篭り、詰め込み過ぎと言うか大渋滞と言うか…
デパートの地下という設備上、換気のシステムが悪いのかな。

でも虫は色んな種類がいて困るなんてことは一切ありません。
たくさんいるだけ楽しい。デパ地下のようなフィールドに憧れます。

さて、前回の続きです。

~ここまでのあらすじ~
飛来種探しに日本海へと向かった昼杉一行。
そこでは荒れた天気と嵐のように飛び回るアキアカネの大群の姿があった…!
「日本海遠征① -海を越えたトンボ編- 」

https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

まさにデパ地下のようなフィールドでした。

191025ヒメカマキリヒメカマキリ

葉っぱの上で発見!

「あ?」

と、こちらを挑発した態度のヒメカマキリです。初見!!

ずーーーっと憧れていたマイナーカマキリ。

皆さんカマキリと言うとどんなものを想像するでしょう。
オオカマキリ、チョウセンカマキリ、コカマキリ、ハラビロカマキリ…
これらはカマキリ界隈で本州普通種四天王と呼ばれているとかいないとか。

このヒメカマキリは成虫でも小さいのです。3cmくらいだったかな。

191025ヒメカマキリ_2

ずんぐりとした体型とその横を通る緑のラインがオシャレです!
そして最大の特徴はグルグル複眼。目が回っているような縞模様があります。

写真は撮り損ねましたが死んだふりだってできます!
ピョンッと地面へ跳んだと思いきや、手足を閉じてひっくり返っていました。
一瞬焦りましたが賢い私は擬死と見破ることに成功
それを知ってか知らずか
ヒメカマキリは一瞬で生き返り疑死観察はじっくりできませんでした…

191025コアオハナムグリコアオハナムグリ

コアオハナムグリです。
肉眼ではなかなか気づきにくいですが
マクロで見るとライオンのような毛が生えています。カッコ良い!

191025ウラナミシジミウラナミシジミ

この場所では最も多いシジミチョウだったウラナミシジミ
特別珍しい種類というわけでもありませんが
私の普段行くフィールド群では一度も出てきたことがありません。
翅の後ろがヒョロッと出て寝ぐせのような形で可愛らしい。

191025アカサシガメアカサシガメ

カメムシのなかま、アカサシガメです。
意外と初見。シュッとしてます。

191025ツチイナゴツチイナゴ

越冬性のバッタ・ツチイナゴの幼体です。
黒い涙を流しているのが特徴。
成虫は本州最大クラスの大きさになります。
しかも冬まで越せちゃうすごい奴。


そんなこんなで日本海遠征の虫観察を堪能しました!!

さて、明日は他県で
噂に名高い最強フィールドをS氏に案内してもらいます。
S氏以外にも撮影や観察のスペシャリストが3人も来てくれるので心強いことこの上なし。
楽しみです。ではでは。


***関連記事***
「日本海遠征① -海を越えたトンボ編- 」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

「日本海遠征③ -虫と妖怪編-」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

日本海遠征① -海を越えたトンボ編-

気付けば秋も終わりそう。ブログの更新も止まりそう。

こんにちは、昼杉です。

台風19号の被害が続くなか
SNSを見ていると洪水観察というのが流行っていました。
一時浸水した道路にはタイドプール(潮溜まり)のように水が残っていて
そこに水生昆虫が溜まっているようです。
虫好きはたくましいものです。
どこにいたって虫が楽しい。だってそこに虫がいるから。

東の民が虫活に精を出しているのに
西の我々が指を咥えているわけにはいきません。
以前、夜間観察(※)でお世話になったY先生からお誘い頂き日本海へ行ってきました!

飛来種探しです!

猛烈な風を纏った台風は時に大陸から虫を運んでくれます
そんな海を渡って連れて来られたのが飛来種。
今回の目当てはタイリクアカネ タイリクアキアカネです!!

タイリクアカネは日本でも繁殖しているとか。
タイリクアキアカネは激レアです。

見た目は両者だいたいアカトンボの代表格・アキアカネと同じ。
と言ったもののアキアカネ自体も激減しています。
害虫を払う田んぼの農薬がどういうわけかアキアカネにも効果を発揮しているらしいです。
岡山では滅多にアキアカネを見なくなりました。

今回訪れたのは日本海側の某所。

191020アキアカネ♀アキアカネ♀

こんな感じでYさんが捕獲!

胸部の模様を確認!!
これは普通のアキアカネだ!!!
リリース!!!!達者でな!!!!!
次!!(網で捕まえる音
うーん、これもアキアカネ!!
次は捕まんなよ!!!!!!!
次!!(網で捕まえる音

先ほどアキアカネは激減していると紹介しましたがこの場所では無限にいました
なんと100頭弱を確認

そしてYさんが一生懸命に捕獲を繰り返す横で
トンボや他の虫を浮気撮影する昼杉。

あっちにもアキアカネ!!

191020アキアカネ♀_2アキアカネ♀

こっちにもアキアカネ!!!

191020アキアカネ♂アキアカネ♂

一生分のアキアカネを堪能しました!!

結局飛来種は出会えず。。。
一筋縄ではいかぬところも虫観察の楽しいところです。

191020タイリクアカネ♂タイリクアカネ♂

ちなみに2017年に近所で見つけたタイリクアカネ♂
ハエさんを食べています。
アカトンボに比べて全体が橙気味ですね。

まだチャンスはあるので県内で探してみようと思います。



つづく!!!




***関連記事***

以前Yさんにお世話になった夜間観察(※)

「初めての夜撮影 ①クマゼミ編」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

「初めての夜撮影 ②迫りくる夜虫編」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-50.html


「日本海遠征② -秋の虫撮り編-」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

「日本海遠征③ -虫と妖怪編-」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

キノコの日~金ぴかキノコの謎~

10月15日。
今日はキノコの日らしいです。
なんでもキノコ需要が高まるのがこの季節だからとか。

言われてみると確かにキノコ汁が飲みたい気分です。

そういえば夏に大注目のキノコがありました。

191015テングツルタケ(仮)

輝く金ぴかキノコです!!!!!

虫探しをしていたら地面から顔を覗かせているのを発見。

191015テングツルタケ(仮)_2

ピッカピカですよ!!!

さて、食えるのか…

仲良くさせてもらっている虫仲間のプッカ氏にお聞きしたところ
・傘の周辺に明らかな溝線がある
・柄の基部は塊茎状に膨大しない
・黄褐色~灰褐色の地に灰黒色綿質のつぼの破片が付着している
・ひだは白色、ふちは灰色粉状。
・柄の表面は灰色の小鱗片で覆われ、つばはない
や生息環境などの特徴を上げ

テングタケ科 の テングツルタケ
Species:A.esculenta Hongo & Matsuda

の可能性が高いとのこと。

自分でも調べてみましたが、まぁそうだろうな。と。全然分からんけど

テングツルタケは一応毒は無いと言われているらしいです。
食べても美味しくなかったり、情報不足な点から
食べないほうがいいようです

ちなみに「だろうな、らしい、ようです。」と
ばかり書いてあるサイトは要注意らしいです。
適当にネット情報を漁って転載していることがほとんどのようです。

いやぁ~、虫ならある程度「見た目的にもバッタのなかまだから」みたいに
ある程度は勘が働くのですが
キノコはもう全然さっぱり分かりません。

もしも「生物の名前を完全に当てられる能力を手にする」なら
私は虫ではなくキノコです。キノコ狩りを満喫したい
美味しい。食べたい。

さてさて、今回大活躍したプッカ氏ですが
新しいブログをつくったみたいなのでご紹介!
蝿を中心に全ての生物を愛する変人です。好物はインドカレー。
旧「プッカ(CRH)のブログ」
http://crh.wp.xdomain.jp/
新「Diptera and Fungi
https://dipteraandfungi.blogspot.com/

なにごともなく…

メディアや周囲から散々聞いていると思いますが、
外界との繋がりはこのブログだけ
という方もいらっしゃると思うのでお伝えしておきます。

大型で非常に強い台風19号がきます。甚大な被害が予想されます。
皆様お気を付けください。

また多くの公共交通機関やお店などがサービスを休止すると発表しています。
そんななか当ブログは休まず運営されているので
お外に出られず暇な時間を過ごしている方は
このブログ記事を読み続ける休日というのも一興では。

近づいていると言えばこんな状況に出くわしました。

191011ササグモ&フキバッタササグモ & フキバッタのなかま

ササグモ フキバッタのなかまの幼体。

一大事です。

しばらく観察しましたが結局、何事も起きませんでした

虫の距離感って面白いんですよ。

興味のない物はとことん興味が無い。
興味があっても何かのキッカケでどうでもよくなる。
そんなことの連続です。

台風19号も何事もなく去ってくれるといいですね。

ジミー。

雨は多く、気温が下がり、彼岸花も俯きだしました。
なかなかちゃんとした撮影に出かけられずひたすら空虚な毎日です。
最近は家の前に落ちている虫
拾い上げては持ち帰り撮影、というのが日課になっています。

こんにちは、昼杉です。

壁に地味な蛾が付いていたので撮影。

191004ナンキンキノカワガ

うーん、美という言葉の対極にあるような柄です。
配色が乏しくても美しさを感じる虫は山ほどいます。
しかし、この子はどうでしょう。
色という色は無く、コントラストは低い、加えてピンボケしたような模様です。
もっとこう…ね?良いモデルがいないものか、と。(ネチネチ

はぁ~~~~山行って綺麗な虫撮りてぇなぁ~~~。。。 (ネチネチ (ネチネチ

最後にどんな面してるのかと顔を覗いてみると…

191004ナンキンキノカワガ_2

かっわいいいいいいいいいーーーーー!!!!!!!

目がクリックリ!

しかもタレ目です!!癒される~!!!!

そしてモフい。

前脚がひたすらモフい。モッフモフ。

こんな脚に抱きしめてもらえたらどんなに幸せなことでしょう。

ご紹介が遅れました。ナンキンキノカワガです。

蛹は隠れ名人だったり、鳴いたりするということは噂で聞いていましたが
成虫がまさかこんなにも可愛いとは…

何でも第一印象で避けずに観察もとい付き合っていくものですね。


余談ですが、中学の友達にジミー君がいました。
地味だからジミー。子供のあだ名は残酷です。
確かに地味な雰囲気を醸し出していましたが、
彼もまた地味という仮面を被った魅力的な人物。
メチャクチャ面白かったです。
ちなみに当人もジミーは気に入っているご様子でした(笑)
元気かなジミー。

プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
岡山の虫写真。
Twitter(@HirusugiOkita)

最新記事

すやすやブルー 2020/10/08
涼しくなっていいよ 2020/09/14
月の女神は堕ちてなお 2020/09/07
9月になったので 2020/09/03
8月31日 2020/08/31
羽っ化り 2020/08/27
夏のヒーロー 2020/08/21

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ