67周年の池田動物園② -いろんな動物編-

前回の続きです。

~前回までのあらすじ~
67周年を迎えた池田動物園へ。そこには可愛らしい動物の数々。
ムシ一筋で生きていくことを誓っていた昼杉であったが…!?
①襲い来るネズミ編
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-88.html



200221シロフクロウ

目つきが鋭いイケメンさん。シロフクロウです。

某魔法使い映画で大活躍したやつ。
フクロウは大人しくて可愛いですねえ。
飼ってみたい生物ランキング第3位です。
ちなみに1位はカピバラ、2位はハシビロコウです。


200221アイガモ♀

アイガモ♀です。

守ってあげたくなる可愛らしさ。純粋な目をしています。

田んぼに離して除草剤いらずを目指す合鴨農法のやつ。

合鴨農法シーズン終了後は食われるらしいです。


200221マゼランペンギン

鳥繋がり。スイスイ泳ぐマゼランペンギンです。
数頭がシンクロよろしく一致団結して泳いでいました。
ペンギンも飼ってみたいランキング上位です。


200221ミーアキャット

激熱ライブ真っ最中のミーアキャットです。

この日は喉の調子が悪かったのか声ひとつ聞けず。
本当の"ライブ"っていうのは声で聴くんじゃない。心で聴くんだ。

200221ゴリラ

癖の強い像。池田動物園唯一のゴリラです。(たぶん)

200221レッサーパンダの絵

みんな大好きレッサーパンダ。遊び心があります。かわいい。


最後に…

200221アミメキリン

200221アミメキリン_2


アミメキリン桃花ちゃんです。

私が来園して間もなく亡くなってしまったようです。
なんと24歳国内5番目の長寿と立派なオバアチャンです。

園内に入ると真っ先に飛び込んでくる
威風堂々とした姿にテンションが上がりました。

ご冥福をお祈りいたします。



つづく。

続きを読む

スポンサーサイト



67周年の池田動物園① -襲い来るネズミ編-

岡山を代表する動物園
池田動物園初めて 行ってきました!

なんとこの日は……

67周年 開園記念感謝デー!!

入園料が半額!!!!!!!

550円で園内動物が見放題!!
うおおおおお~!!!これは行くっきゃないっしょ!!!!

ちなみに私の好きな言葉は「大盛」と「半額」です。

※開園感謝デーは2月7日~11日なので既に終了しております。


200214カピバラ

カピバラさん!!

もふもふ!顔大きい!!可愛い!!!大好き!!!!

最大のネズミです。鼠年なので今年の主役。
この日、一番楽しみにしていた動物です。

行儀よくお座りをしていました。

200214カピバラ_2

こちらへ向かってくるカピバラさん。

すごい迫力です。


200214モルモット

こちらは同じネズミのなかま・モルモット

こっちもかわええ~!!!!!

脚みじかっ!かわいっ!!

池田動物園では日に何度か"ふれあい広場"が開場します。
つまりこのモルモットが触り放題なんです!!!
フワフワやわやわでした。かわええええええ~!!!!!!

実はモルモットには苦い思い出がありまして…

その昔、海外でホームステイをしたことがありました。
驚くべきことにその御宅ではモルモットをペットとして飼っていたのです。
モルモットとは初対面。当時はその正体が見当も付かず
ヌイグルミのような可愛すぎる存在に腰が抜けました。

一回り年下の住人がその子を抱きかかえて紹介してくれたのですが
なんと「お前は落とすかもしれないから触らせない!」と
ノータッチを宣告されてしまったのです。

飼い主からそんなことを言われては無理に触るわけにもいかず
それから云年…毎晩枕を濡らす日々を過ごしてきました。
それが!ついに!この日!池田動物園で!!
モルモットを撫でさせてもらえたのです。
終生の悲願が実ったわけです。

ありがとうございます!ありがとうございます!!

危うく満足して帰るところでしたがまだ来園して30分。

濃い…濃すぎるぞ池田動物園!!!!



つづく!!!!!!!!!

続きを読む

竹林整備のご褒美

お世話になっている山へ竹林整備をしに行ってきました!

竹の中身は空洞なのになぜあれ程までに重いのか…
将来は筍目当てに竹林を持とうかと
密かに企んでいましたがちょっと考えなおしました……

切った竹は重たく 数も多く 端から見ると地獄の労働のような作業です。

実際は楽しいお話や差し入れがあったので充実した時間を過ごせました。
竹を切る作業にはコツがあるのか段々と効率が良くなり確かな満足感も。

そして整備後、振る舞われた絶品にゅう麺!最高!!
痛む身体に染みわたります。ごちそうさまでした!

お腹いっぱいになったら
コタツに入って寝るのが私の日常ですが今回は違います。
せっかく山へ行ったのですから虫を見ないとバチが当たるってもんです。

今回はそんな午後のレポート。

200212クモヘリカメムシクモヘリカメムシ

まず現れたのはクモヘリカメムシ
個人的にはカメムシ界ナンバーワンの爽やかボーイです。
スラリとしたスタイルによく飛ぶ俊敏性。
イネ科が好物というのもどこか爽やかな気がします。

この日は葉っぱの上で日向ぼっこ中。
6月頃にイネ周りを無限に飛んでいるのはよく目にしますが
越冬するとは知りませんでした。

200212ホソウスバフユシャク♂ホソウスバフユシャク♂

続いては冬の蛾ホソウスバフユシャク♂
メスは成虫になっても翅が無いという意外性抜群な蛾です。
こちらはオスなので見た目は普通の蛾。

200212ホソウスバフユシャク♂_2

メスは冬の風物詩なので探しているのですが
翅が無い分小さく、動かないのでなかなか見つけられません。
オスはそこまで興味が無かったのですが
お顔を見てみるとなかなか可愛いもんです。

200212ツヤアオカメムシツヤアオカメムシ

皆さんご存知、嫌われ者のツヤアオカメムシです。
同行していたK先生が発見。
寒いので葉の上で身を寄せ合っています

か、かわええ…

200212ツヤアオカメムシ_2

横から見るとこんな感じ。
ぷっくりと膨らんでいてどら焼きのよう。やっぱり可愛い。

刺激をしなければ臭いも出しませんし
彼らとは上手く付き合っていきたいものです。

200212ゴミグモのなかまゴミグモのなかま

どこにいるか分かりますか?

こちらはゴミグモのなかま
名前の通り食べカスなどのゴミを巣にくっ付けて自身を紛らせる策士です。
まぁゴミなので実際に見るとあまり綺麗な印象はありません。

ただしクモ自体はメチャクチャカッコいいんです!

トゲトゲのボディが厳つい!男心をくすぐります。
そうなんです、男子は尖っているものが好きなのです。

巣の張り方もクモの種類によって千差万別なのですが
ゴミグモの巣は随一の規則正しさだと思います。

200212ホホジロアシナガゾウムシホホジロアシナガゾウムシ

最後はホホジロアシナガゾウムシ

古代兵器感があってカッコいい~!!男心をくすぐります。
そうなんです、男子は兵器感があるものが好きなのです。

枝にくっ付いて寒さをしのいでいました。
……そこで本当にしのげているのか?
まぁ上手いこといっているのでしょう。
ゾウムシの事情も知らない私がどうこう言うのは野暮ってもんです。


いやぁ、思ったよりたくさん見つけられました。
冬の虫探しも楽しいもんですな。
暖かい時期と比べて数も少ないので一匹一匹と真剣に向き合えます。
この日は2月1日。
だんだんと暖かくなっているような気がするので
今はさらに見られるかもしれません。また行かねば……!!

プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
岡山の虫写真。
Twitter(@HirusugiOkita)

最新記事

すやすやブルー 2020/10/08
涼しくなっていいよ 2020/09/14
月の女神は堕ちてなお 2020/09/07
9月になったので 2020/09/03
8月31日 2020/08/31
羽っ化り 2020/08/27
夏のヒーロー 2020/08/21

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ