8月31日

8月が終わります。
今年は何事もない夏だった……

こんにちは、昼杉です。

夏と言えばシオヤアブですよね。

そうです。私の 推し です。

たくさん撮れたので
皆さんも目で夏を満喫してください。


200831[ムシヒキ]シオヤアブ♂シオヤアブ♂

ででーん!!!

この何を考えているのか分からない無表情

飛ぶ獲物を狙って一直線。
昆虫界最強とも言われる暗殺者(アサシン)。

このギャップが溜まらない。


200831[ムシヒキ]シオヤアブ♂_2

200831[ムシヒキ]シオヤアブ♂_4

200831[ムシヒキ]シオヤアブ♂_3


何かを狙っているご様子。

空気が張り詰めております。

それにしても、モフい

カッコいいとモフモフが両立する究極生命体


200831[ムシヒキ]シオヤアブ♂_5


大きさはこんな感じ。

太陽の下で獲物探し。目を光らせています。


夏休みの自由研究で悩んでいるそこの少年少女。
今年はシオヤアブの観察で決まりだ!!
スポンサーサイト



羽っ化り

予定と気持ちのタイミングが合わず8月の夜撮影は未だゼロ。

こんにちは、昼杉です。

今年は一応カブト撮影、クワガタ発見できたので割と満足しています。

ただ一つ、悔いがあるとすれば蝉の羽化
うっかり撮り逃してしまいました……

カブクワをはじめとした夏の虫たちはまだ生きているとは思います。
ひと夏を生き抜いた満身創痍な状態かもしれませんが。

ただ蝉の羽化はいっときのものですからね……

時間があれば今夜、山に行ってみます。
遅起きのセミさん頼むぞ……


200827[セミ]アブラゼミアブラゼミ

夏の風物詩アブラゼミです。

我が岡山県ではクマゼミが最大勢力のため
アブラゼミを見つけるとちょっと嬉しい

ミンミンゼミは幻です。たぶん。
今年は死骸を含め実物は一度も見ませんでした。
声だけは聞こえた気がする。

アブラゼミも結構な美麗種だと思うんですよ。
翅の模様が良い感じ。


190716アブラゼミ_2


羽化して間もない時は緑色の線が入っているんです。
これは激ヤバ奇麗。

なんでも世界的には翅に色が入っている蝉は珍しいとか。
たしかに日本の他のセミはみんな翅が透明です。

その辺にいる虫が世界にとって珍しいと分かると
ちょっとお得感がありますよね。


200827[セミ]アブラゼミ_2


ちなみにアブラゼミの名前の由来は
見た目が油っこいわけではなく
鳴き声のジージージージージージー…が
油を揚げる音に似ているからだそうです。

昆虫食でもセミはポピュラーな部類だと思いますが
大抵から揚げにして食べられているような。
由来にぴったりですね。

ちょうど昨日、ネットニュースで東京のある公園が
食用にセミを採取することを禁止したという記事を読みました。

虫との向き合い方も様々です。

夏のヒーロー

ようやく!ようやくです!!!!!!

こんにちは、昼杉です。

かなり今更な質問ですが
皆さん、といえば何でしょう。

スイカ、かき氷、花火、海……?

チッチッチ…(ドヤッ



カブトムシだろうが!!!!!!!!!



200821[カブトムシ]カブトムシカブトムシ♂


夏のヒーロー・カブトムシです!!!!


待っていましたッ!!!


かっこいい~~~!!!!!!!


200821[カブトムシ]カブトムシ_2


この迫力よ。


最強と呼ぶにふさわしい確かな存在感がここにある。


200821[カブトムシ]カブトムシ_3


木を登ってるだけでもうかっこいい。


短い方の角も良いんですよね。素晴らしいですよね。


200821[カブトムシ]カブトムシ_4


正面からもかっこいい。


もう全部かっこいい!!!


いや~、メインフィールドに通うこと実に5年
一度も生きたカブトムシ♂を自力発見できていなかったんですよ。

他人が見つけたのを見せてもらったり
カラスが食い荒らしたのを目撃したり
放置罠に引っかかりミイラになっているのを発見したり

そんなことは何度も何度もありましたが
自力で元気なカブトムシ♂を発見したのは初!!!!

ありがとう山。
ありがとう森。
ありがとう自然。
ありがとう地球。


200821[カブトムシ]カブトムシ_5

♂♀そろって
湧いているんだか枯れているんだか分からない
木の窪みでボケーっと突っ立っていました。

いや、♀の方は樹液を舐めているなと感じるのですが
♂はどう見ても舐めていませんよね。

しかも発見してから2時間後も同じ体勢でした。。。

寝てたのかな……

この体勢の写真は撮り尽くし、
私にとってカブトムシを撮影する機会なんて滅多に訪れないので
ちょっと悪戯…カブトムシに動いてもらってから撮影しました(最初の4枚)。
ごめんよ…
(撮影後は元の場所に戻しました)


いや~、しかし胸が高鳴りましたな。
THE 夏を満喫できました!!

ちなみにこの写真を撮ったのが7月末。
およそ2週間後に再度訪れてみましたがハエの1匹もいませんでした。。
樹液は枯れてしまったようです。

さぁ8月も残りわずか。
カブトムシ・リベンジなるか!?!!?


P.S.
樹液酒場を発見できる能力が欲しい…

寝オチ

夏の暑さを乗り切るためアマゾンプライムに入会しました。

こんにちは、昼杉です。

アマゾンプライムでは
対象のドラマやアニメが見放題
無限に時間を消費できる恐ろしいサービスです。

本当は今朝、早起きをして虫撮りに出かけるはずでした。

しかし昨夜は気付けば深夜の1時。
そこから寝ては早起きなどできるはずもなく
昼過ぎに起きて「あーあ、今日も撮りに行けなかった…」と
悲しみに打ちひしがれること必至です。

期待をするから悲しむのです。何事も諦めが肝心なのです。

そんなわけで早朝虫撮りは諦め、
アマゾンプライムで夜を潰すことにしました。

ふと時計を見ると5時
虫撮りに出かけるのにはちょうど良い時間です。
いや徹夜できるほどの体力はもうないので大人しく寝ましたが。

話の"オチ"はまだ寝ているようなので、
ここらで7月の夜に撮った虫でも紹介していきましょう。



200815[アリ]アリのなかまアリさん

アリさんです。クロヤマアリかな。

撮影は23時ごろ。
残業ですかね。お疲れ様です。


200815[チョウ]ヒメウラナミジャノメヒメウラナミジャノメ


深夜の山のなか。
もの凄い視線を感じて振り返ると彼がいました。
蛇の目を持つチョウ・ヒメウラナミジャノメです。

蛇も腰を抜かすほどの眼状紋の数。

虫や鳥の目にはこの翅が
どんな恐ろしいものに見えているのか気になります。


200815[ガ]アヤナミノメイガアヤナミノメイガ


アヤナミノメイガです。

夜の花 × 蛾

この組み合わせだけでツマミになるほど麗しい状況です。
これが最近の流行り言葉「エモい」ってやつでしょうか。


200815[キリギリス]ササキリササキリ 幼虫

ササキリの幼虫です。

硝子細工のような可愛さがあります。


200815[ガガンボ]キイロホソガガンボ(仮)キイロホソガガンボ(みたいなやつ)

ガガンボのなかまです。

キイロホソガガンボに見えますが、
有識者曰くガガンボの安易な同定は危険だそう。

良い感じに木に貼っ付いていたので撮影。
脚がちゃんと写ればもっと奇麗だと思うのですが細すぎ


200815[ゴミムシダマシ]セスジナガキマワリセスジナガキマワリ

夜のベンチの独占者・セスジナガキマワリです。

夜、山のなかのベンチを見ると無限にいます。
一見黒くて長くてゴキブリのようですが、
近くで見ると渋い質感。イカします。



明日こそ早起きして撮影に…!!!

小さな幸せ

この前の土曜日。
超絶応援していた漫画の原作者が逮捕されました。
お盆シーズン地獄のスタート
発表からもう何も手につきません。

こんにちは、昼杉です。

今日は山の日
気分転換にでもと朝早く山へ出かけたのですが
カメラのメモリーカードを忘れていたことが発覚。
それはつまり私のバッグに入っていたものは
カメラではなく金属の塊であることを意味しています。重い。

この世の全てに絶望し帰宅。
陽が昇り暑くなってきたし
時期的に人も多くなりそうなので
今日のところは断念して二度寝しました。

枯れた希望。降り注ぐ悲しみ。

夢など見るはずもなく本日二度目の起床。


200810[ハエトリ]アダンソンハエトリ♀幼体


なんかいた。はみ出てる。

枕元で跳ねていました。

捕獲。

家庭内撮影キット(100均の箱)に隔離。


200810[ハエトリ]アダンソンハエトリ♀幼体_2アダンソンハエトリ♀ 幼体


か、かわいい……

アダンソンハエトリグモの♀。幼体です。

蜘蛛の赤ちゃん。


200810[ハエトリ]アダンソンハエトリ♀幼体_3


ちっちゃい。

超可愛い………


200810[ハエトリ]アダンソンハエトリ♀幼体_4


目がツヤツヤしてる。

丸い。


200810[ハエトリ]アダンソンハエトリ♀幼体_5


激烈かわいい……

休日はこうでないと。

少しメンタルが回復した月曜の朝でした。

蝉の閑さ

暑い。蝉の鳴き声が暑さに拍車をかけています。

虫好きを自称する私ですが
毎朝、蝉の鳴き声がする方向を睨みつけています。

こんにちは、昼杉です。

閑さや 岩にしみ入る 蝉の声
(松尾芭蕉 / おくのほそ道)

あの騒音のどの辺に閑(静)けさがあるのだろうか。
むしろ やかましさすら感じます。
岩に染み入るどころか、岩をカチ割る勢いではないのか。

なんでも芭蕉さんが詠んだこの句は
私が思っている「静けさ」とは違い
もっとこう壮大な「閑さ」。
自然。
──否、宇宙を感じ取っているそうです。

次元が違うんです。

広く深い感性をもって物事を視なければ。
そう反省した次第でございます。


200807[セミ]ニイニイゼミニイニイゼミ

ニイニイゼミです。

小さい。
翅の下半分が透明という奇抜なオシャレさん。

ところで漫画とかによく出てくる
「兄々(にぃにぃ)」と兄を慕って呼んでくれる
可愛いって本当にいるんですかね。

ちなみに私には自分より身長の高い弟がいます。
無論、兄々と呼ばれるわけもなく下の名前を呼び捨てです。


200807[セミ]クマゼミクマゼミ


岡山最勢力を誇る夏の死ね死ね団クマゼミです。

図鑑などでクマゼミの鳴き声は
シャンシャンシャンシャン…
と表現されますが私には
シネシネシネ…と聞こえます。悲しい。

それにしても翅に散りばめられた
黄金の輝きの美しさたるや。

数が多い、煩い、大きい。

そんな悪印象の強いクマゼミでしたが
豪勢さに気付くと、尊敬の念すら抱きます。

そしてその大きさも相まって
羽化したては格別な美しさ!
純美という言葉が似合います。


190824クマゼミ_4


これは去年の。

今年も撮らないと思いつつ
暑さに負けてお外に出ていません。。

クマゼミの魅力に気付けたときと同じように
この地獄の暑さやかましさの中に潜む
閑さ」を感じ取ることができたら
また違った夏の受け止め方ができるのでしょうか。


・関連記事
「初めての夜撮影 ①クマゼミ編(2019/08/24)」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

セスジスズメは可愛いね

こんにちは!昼杉です!!!!!!!

暑くて全然ヤル気が出ないので
6月に見つけた良い感じのセスジスズメの写真を貼っておきます!!


200804[ガ]セスジスズメセスジスズメ


撮ってくれと言わんばかりの止まり方。

虫写真はを入れると映えますね!!!


かわいい!!!!!


200804[ガ]セスジスズメ_2


上からお顔を覗いてみました。

ヌイグルミみたいで可愛い。

眉間の辺りのニョキッとした髪型がポイント!!


200804[ガ]セスジスズメ_3


斜め前からもパシャリッ!

もう撮り放題よ。


かわいいね。かわいいね。


200804[ガ]セスジスズメ_4


あーーーー、可愛い!我慢できない。

手乗り!!!!!!

指で撫でたら載ってくれました。

可愛い!最高!!!!!!!!

虫欲が満たされたので
お尻をツンツン触ってみる。

説明しよう!!!!
だいたいの虫はお尻を触ると嫌がって動き出すのだ。

今回は自分から乗せておいて…という話だが
勝手にくっ付いてきた虫を平和的に逃がすのに有効な技だぞ!!!!

セスジスズメは無事、闇夜の空に消えていきましたとさ。

そういえば今年は一度も
セスジスズメの幼虫を見なかったかも。

お尻のピコピコ尾角が可愛いんだけどなー。
幼虫は秋にも出てくるので楽しみにしております。

ごきげんよう!さようなら!!!!!!

プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
岡山の虫写真。
Twitter(@HirusugiOkita)

最新記事

すやすやブルー 2020/10/08
涼しくなっていいよ 2020/09/14
月の女神は堕ちてなお 2020/09/07
9月になったので 2020/09/03
8月31日 2020/08/31
羽っ化り 2020/08/27
夏のヒーロー 2020/08/21

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ