蝉の閑さ

暑い。蝉の鳴き声が暑さに拍車をかけています。

虫好きを自称する私ですが
毎朝、蝉の鳴き声がする方向を睨みつけています。

こんにちは、昼杉です。

閑さや 岩にしみ入る 蝉の声
(松尾芭蕉 / おくのほそ道)

あの騒音のどの辺に閑(静)けさがあるのだろうか。
むしろ やかましさすら感じます。
岩に染み入るどころか、岩をカチ割る勢いではないのか。

なんでも芭蕉さんが詠んだこの句は
私が思っている「静けさ」とは違い
もっとこう壮大な「閑さ」。
自然。
──否、宇宙を感じ取っているそうです。

次元が違うんです。

広く深い感性をもって物事を視なければ。
そう反省した次第でございます。


200807[セミ]ニイニイゼミニイニイゼミ

ニイニイゼミです。

小さい。
翅の下半分が透明という奇抜なオシャレさん。

ところで漫画とかによく出てくる
「兄々(にぃにぃ)」と兄を慕って呼んでくれる
可愛いって本当にいるんですかね。

ちなみに私には自分より身長の高い弟がいます。
無論、兄々と呼ばれるわけもなく下の名前を呼び捨てです。


200807[セミ]クマゼミクマゼミ


岡山最勢力を誇る夏の死ね死ね団クマゼミです。

図鑑などでクマゼミの鳴き声は
シャンシャンシャンシャン…
と表現されますが私には
シネシネシネ…と聞こえます。悲しい。

それにしても翅に散りばめられた
黄金の輝きの美しさたるや。

数が多い、煩い、大きい。

そんな悪印象の強いクマゼミでしたが
豪勢さに気付くと、尊敬の念すら抱きます。

そしてその大きさも相まって
羽化したては格別な美しさ!
純美という言葉が似合います。


190824クマゼミ_4


これは去年の。

今年も撮らないと思いつつ
暑さに負けてお外に出ていません。。

クマゼミの魅力に気付けたときと同じように
この地獄の暑さやかましさの中に潜む
閑さ」を感じ取ることができたら
また違った夏の受け止め方ができるのでしょうか。


・関連記事
「初めての夜撮影 ①クマゼミ編(2019/08/24)」
https://mushikomezzz.blog.fc2.com/blog-entry-49.html
スポンサーサイト



コメント

No title

クマゼミで閑さは絶対無理!あの鳴き声大合唱を聞くと「気温あげるぞゴルァ!」って自ら心の狭さを思い知らされるだけです。

Re: No title

>>TORU様
クマゼミは本当に暑さを3倍増しにしますね…
虫好きとしては許容したいという心の理想がありますが、私はそこまで器の大きい人間じゃなかったようです(笑)
ただ羽化はマジのガチで奇麗です!

コメントありがとうございました!!
非公開コメント

プロフィール

昼杉起太

・昼杉起太
岡山の虫写真。
Twitter(@HirusugiOkita)

最新記事

すやすやブルー 2020/10/08
涼しくなっていいよ 2020/09/14
月の女神は堕ちてなお 2020/09/07
9月になったので 2020/09/03
8月31日 2020/08/31
羽っ化り 2020/08/27
夏のヒーロー 2020/08/21

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

参加中の虫ブログランキング


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ